カートをみる マイ アカウント 送料・お支払い方法 お問い合わせ / CONTACT サイト マップ

Johanna Tagada - Tamil Diary



この度、東塔堂にて、フランス出身のアーティスト、Johanna Tagada(ジョアンナ・タガダ)の個展 「Tamil Diary」を開催いたします。本展は同じくジョアンナ・タガダが主宰するPoetic Pastelのグループ展 「Tea Today」(Nidi Gallery, 2019.8.30→9.13)に合わせて開催されるものです。 本展に展示される作品は、 旅のように日常の生活の一部として続いていく創作活動の中で生み出された、多様な作品群(絵画、写真、映画...etc.)から選び出されたものです。中でも、2017~2019年の間に、彼女が南インドのTamil Nadu(タミル・ナドゥ)に滞在した期間の作品にフォーカスしています。

「Tamil Diary」は写真や短編映画「Necklaces of Flowers (2017 - 現在)」を通して、 花とタミル・ナドゥで暮らす女性達の集団的/文化的関係を読みほどき、その様子を伝えます。トリン・T・ミンハの作品を通して、タガダは絶えず進化する伝統とこの女性達が非常に密接な関係であることに気がつきました。花に意味を持たせることは、南インドに欠かせない豊かな文化の一部です。何世紀にもわたり、花は地元の女性達の日常において、宗教や精神的なものとして、薬や料理の一部として、時に社会的、商業的なものとして、重要な役割をはたしてきました。ジャスミン、ローズ、マリーゴールド、ハイビスカスやヴァイオレットは通りで売られ、個人の趣味趣向や、愛や幸福、繁栄、幸運のシンボルとして彼女達の髪に飾りつけられてい ます。

植物の問題も、水と繊維から成るシリーズ作品「To End is to Start」の中で見ることができます。1968年に設立された、実験的であり多様な建築様式で知られている街オーロヴィルで、タガダは考えを深め、手漉きで紙を作りました。サステナブルで無理のない暮らしを志向したディープエコロジー運動に深い関心を持っている彼女の作品は、地元のテキスタイル工場から出る端切れを利用し、そのほとんどが有機由来のものです。この事なくして、この大きなテキスタイルの作品はあり得ません。

テキスタイルとオイルぺインティングは彼女の直近のタミル・ナドゥ滞在時に制作され、それらは本展の軸となる作品となりました。東塔堂でのこの最初の個展は、 彼女の実践とプロジェクトの中心テーマである日常生活に対するジョアンナ・タガダの好奇心が反映されています。

そして、「Tamil Diary」は彼女の2冊目の書籍『Do Insects Play? 』(Chose Commune)の出版記念も兼ねています。会場では収録作品の一部を展示販売いたします。



Opening event
2019年8月31日(土) 16:00-18:00
Poetic Pastelのジョアンナ・タガダとChose Communeの共同ディレクターであるCecile Poimboeuf-Koizumi がインドのオーガニックティーをご来場のみなさまに振舞います。参加無料。ぜひ、この機会にお越しください。



Johanna Tagada - Tamil Diary
会場: 東塔堂 | Totodo (東京都渋谷区鶯谷町5-7-1F)
会期: 2019年8月31日 [土]→ 9月28日 [土]
時間: 12:00 - 20:00 [日曜定休]
入場: 無料


Poetic Pastel Group Show - Tea Today
会場: Nidi Gallery (東京都渋谷区東2-27-14 ペガサスマンション恵比寿 102)
会期: 2019年8月30日 [金]→ 9月13日 [金]
時間: 13:00 - 20:00 [水曜定休]
入場: 無料




About the artist
Johanna Tagada(ジョアンナ・タガダ)
1990年、フランス生まれ、ロンドン在住。ペインティング、ドロー イング、インスタレーション、彫刻、映画、写真、やわらく繊細でエコロジカルなメッセージが含まれたテ クスト、など様々なメディアを用いるアーティスト。グループ展多数。個展としては「Epistolaire Imaginaire - Merci 」(Galerie Jean-Francois Kaiser, 2017)、「Take Care ‒ きをつけて」(Nidi Gallery, 2018)。 2014年に、ポジティブな共同プロジェクトPoetic Pastelを設立。2018年に出版プロジェクト 「Journal du The - Contemporary Tea Culture」始動。2018年には最初の作品集『Daily Practice』 (InOtherWords)が出版されている。

https://www.johannatagada.net




Johanna Tagada - Tamil Diary

Saturday August 31st - Saturday September 28th 2019

On invitation of and curated by Yuki Owada, Totodo presents Tamil Diary, a solo exhibition of artworks by French born artist Johanna Tagada. Unfolding itself as a journey, the exhibition presents a selection of artworks in the multiplicity of mediums composing Tagada’s artistic practice. The pieces on view have been created during Tagada’s extensive stays in Tamil Nadu, South India in 2017, 2018 and 2019.

Tamil Diary unravels with photographs and a short film from the evocative cycle Necklaces of Flowers (2017 - present), one documenting collective and cultural relationships of women residing in Tamil Nadu with flora. In retrospect and in the continuity of the work of Trinh T Minh Ha, Tagada does not intend to speak about or for, but near by these women and their continuously evolving traditions.
The language of flowers forms in itself an integral part of South India’s rich culture. For centuries, flowers have played an important role in the quotidian of local women, be it for religious, spiritual, medicinal, culinary, social or commercial purposes. Each bloom, including jasmine, rose, marigold, hibiscus and violet is sold in the street, and worn in simple yet intricate hairstyles for its personal quality and symbolic, among which love, happiness, prosperity and luck.

The matter of plant and the vegetal also finds themselves in To End is to Start, a series of works composed of fibres and water. In Auroville, an experimental township founded in 1968 also known for its diverse architecture, the artist deepened her knowledge and practice of hand papermaking. Embedded in her interest for the Deep Ecology movement, inclination towards sustainable and cruelty free living, these pieces have been composed by making use of leftovers of textiles from local factories, and are for most of organic sources. This is not without recalling the artist’s large textile installation pieces.
Textiles and oil paintings on papers created on the occasion of the artist most recent stay are presented along these two bodies of works. This first exhibition at Totodo mirrors Johanna Tagada’s inquisitiveness towards daily life, a theme central to her practice and projects.

Tamil Diary is equally a celebration of Tagada’ second book titled Do Insects Play? published by Chose Commune, as the exhibition present itself as an occasion to view and acquire selected works on papers including in the publication.



Opening event
Exhibition opening and book launch Saturday August 31st 2019, with the support of Poetic Pastel. Organic Indian Tulsi Tea will be offered to all. Johanna Tagada and Chose Commune’s co-director C??cile Poimboeuf-Koizumi will be present on the occasion.




About the artist
Johanna Tagada (b 1990, Strasbourg, France) is a painter and interdisciplinary artist working based in London. Her practice composed of painting, drawing, installation, sculpture, film, photography and writing often conceals ecological messages, rendered in soft and delicate methods. In several of the artist’s projects interaction with the environment and others plays a central role. Solo exhibitions include ??pistolaire Imaginaire – Merci at Galerie Jean-Francois Kaiser, and Take Care – き を つけて at Nidi Gallery. In 2014, Johanna founded the positive and collaborative cultural project Poetic Pastel. In 2018, Johanna cofounded the publication series Journal du Th?? – Contemporary Tea Culture. The artist first monograph Daily Practice was published by London based Imprint InOtherWords.

https://www.johannatagada.net



Design: Katsuya Kato

ご案内

ページトップへ