カートをみる マイ アカウント 送料・お支払い方法 お問い合わせ サイト マップ

秋野ちひろ「本と金槌」



この度, 東塔堂にて秋野ちひろの個展「本と金槌」を開催いたします. 今回, 東塔堂から秋野へいくつかの本を渡し, それらに目を通した上での制作をお願いしました. どういった本が並ぶのか, それらがどのように作品に繋がっていったのか, 作品がどのような姿を見せるのか, ぜひ会場にてご覧ください. 加えて, 展示に合わせ図録を制作いたしました. 図録では秋野が普段制作に用いている道具を紹介しています. 合わせてお楽しみいただければと思います.



大和田さんから本が届き作品集や写真集と共に詩や芸術論の本があって驚いた. 制作しやすいビジュアルメインの本ではないので形に結びつけるのが難しい. 今までの経験みたいなものも使えない.
心が引っかかる場所をとにかく探すことにする. 本一冊分の大きなイメージを形にするのではなくて, ちいさな引っかかりを大きく広げて作品にする. 例えばひとつの写真, 一文からもらった小さなイメージを自分勝手に広げていく. 小さな光を見つけてガンガンと道を歩いていったら, 今まで使ったことのない形が目の前に現れた. 新しい景色に出会い, 今はわたしの一部になったことがなによりも嬉しい. (作家より)




会場:東塔堂 | Totodo
会期:2021年1月23日[土]→ 2月20日[土](会期延長いたしました)
時間:13:00-18:00[日曜休み]
入場:無料
協力:加藤勝也



秋野ちひろ / Chihiro Akino
武蔵野美術大学工芸工業デザイン学科金工専攻.
真鍮を使いオブジェを中心に制作.
instagram: @akinomorning




倉嶌隆広「takahiro kurashima / books and other works」



「モワレ」効果を利用し、シートをスライドさせることで生まれるモーショングラフィックスのトリックブック『モワレラマ』の刊行を記念し、東塔堂にて「takahiro kurashima / books and other works」を開催致します。 グラフィックデザイナー、アートディレクターとして活躍する一方でスイスの出版社larsmüller publishersから作品集を発表するなど、アーティストとして質の高い作品を発表する倉嶌隆広。作品である静謐なプリントは、見るものの動作やスライドを端緒として一変し、驚くような形や動きを生み出します。ミニマムで抽象的なグラフィックパターンから出現する動きのアートをこの機会に是非お楽しみください。



倉嶌隆広はキネティック・アートの新たな傑作を生み出した。
わたしたちの盲いた眼に、「モワレラマ」は深く静かな保養となるだろう。
ラース・ミュラー(Lars Müller Publishers)


2011年「The Most Beautiful Swiss Books」受賞 。スイスの出版社「ラースミュラーパブリッシャーズ」から出版されるアートブックシリーズが累計5万部を超えるロングセラーを記録した倉嶌隆広の最新作品集。

倉嶌隆広『モワレラマ』
定価:本体2,300円+税
四六判変型並製/106ページ
978-4-86528-272-6 C0071





会場:東塔堂 | Totodo
会期:2020年12月4日[金]→ 12月19日[土]
時間:13:00-18:00[日曜休み]
入場:無料



倉嶌隆広 / Takahiro Kurashima

1970年生まれ 1992年武蔵野美術大学卒業
広告代理店を経てアーティスト、デザイナーとして東京で活動。
様々なジャンルのブランド、アーティストなどとの協同作業も積極的に行う。
https://takahirokurashima.com




幸本紗奈 写真展「other mementos」






幸本紗奈は1990年に広島に生まれ、現在は、東京で活動する写真家です。 第19回写真「1_WALL」のファイナリストに選ばれるなど、 これからの活躍が期待される若手写真家のひとりでもあります。

この度の展覧会では、初の写真集『other mementos』(Baci刊)に収録した作品の、手焼きのプリントおよそ15点を展示します。

幸本の写真の特徴は、その制作過程にあります。気になる対象や感覚に対して反射的にシャッターを切り、多様なイメージを集めた後に、暗室に入ってじっくりとネガを見直し、その時点で再び心惹かれるイメージだけを、時間をかけてプリントしていきます。サイズ、色、濃度を決めて印画紙に焼き付け、それを薬液に通して定着させる。この工程を試行錯誤しつつ、ひたすら繰り返すことで、撮影した物事やその時に感じた感覚と深く向き合っていくのです。

数年前のネガを掘り起こしてイメージを拾い上げることもあれば、数ヶ月前に仕上げたプリントを、色とサイズを変えて再び、焼き直すこともあります。前進と後退を繰り返しているかのようなこの作業を、本人は「ゆっくりとしか物事を考えられないので」としつつも、「時間の流れを俯瞰するため」にしているのだと話します。

そうした過程から生まれる幸本の写真には、美しさの“予感”が漂っています。現代の社会が求める「明快なコンセプト」や「印象に残るイメージ」とは逆の、ぼんやりと、曖昧で、価値づけしづらい美しさです。ゆえに、観る人の視点は自由となり、一枚の写真のあらゆる場所に、自分にとっての美しさを見出せるのではないでしょうか。

手焼きのプリントの繊細な表情を、この機会にぜひご覧ください。 オンラインで楽しめる特設サイトも開設いたします。



幸本紗奈写真展「other mementos」

会場:東塔堂 | Totodo
会期:2020年8月28日[金]→9月12日[土]
時間:12:00 - 18:00
入場:無料
Instagram:@totodo_books
協力:Baci
特設サイト:https://www.othermementos-sanakohmoto.com/



Profile:
幸本紗奈 / Kohmoto Sana
1990年広島で生まれる。
武蔵野美術大学造形学部映像学科山崎博ゼミ卒業。
第19回写真「1_WALL」ファイナリスト。
2019年に初の写真集『other mementos』を発表。
https://www.sanakohmoto.com
Instagram: @sanakohmoto_othermementos/


cheren-bel 展(無観客) 借 猫







猫を飼わずに猫になる。いつものように渋谷行き高速バス10Aの席へ飛び乗って、

ひどく真っすぐ前を向いて座れば、運転手は必ず出発をする。

あの池のほとりで飛び立つ鴨をキャッチするひとんちの猫を借りて、

いつものようにその窓の外を眺めている。

-

無観客展示をします。

展示は東塔堂にされています。

開いていても、閉じていても。



cheren-bel 展(無観客) 借 猫

会場:東塔堂 | Totodo
会期:2020年5月29日[金]→ 6月7日[日]
時間:00:00 - 24:00
入場:不可
Instagram:@totodo_books
特設サイト:https://kaoruyoshida.wixsite.com/karineko



Profile:

cheren-belは、陶芸家の吉田直嗣と線画家の吉田薫による共作シリーズ。

-

potter/ Naotsugu Yoshida 吉田 直嗣
東京造形大学卒業後、陶芸家黒田泰蔵氏に師事。
2003年富士山麓にて独立。白と黒の器を中心に制作している。
http://ynpottery.net
Instagram: @naotsuguyoshida

-

drawer/ Kaoru Yoshida 吉田 薫
多摩美術大学グラフィックデザイン科卒業。
挿絵、うつわなどへのドローイング提供。 cheren-bel ではうつわのデザインと、ドローイングによる絵付けを担当している。
http://chimelmobile.net/kaoruyoshida/
Instagram: @kaoryosh


cheren-bel





東塔堂にて、2月8日よりcheren-bel(チェレンベル)の展覧会を開催いたします。

cheren-belは、陶芸家の吉田直嗣と線画家の吉田薫による共作シリーズ。
共作の界面を探るような行為を続けています。
普段使いのうつわもご覧頂けます。
どうぞお楽しみください。



cheren-bel

会場:東塔堂 | Totodo
会期:2019年2月8日[金]→ 3月2日[日]
時間:12:00-20:00[日曜休み]
入場:無料
Instagram: @totodo_books



Profile:

cheren-belは、陶芸家の吉田直嗣と線画家の吉田薫による共作シリーズ。
共作の界面を探るような行為を続けています。

-

potter/ Naotsugu Yoshida 吉田 直嗣
東京造形大学卒業後、陶芸家黒田泰蔵氏に師事。
2003年富士山麓にて独立。白と黒の器を中心に制作している。
http://ynpottery.net
Instagram: @naotsuguyoshida

-

drawer/ Kaoru Yoshida 吉田 薫
多摩美術大学グラフィックデザイン科卒業。
挿絵、うつわなどへのドローイング提供。 cheren-bel ではうつわのデザインと、ドローイングによる絵付けを担当している。
http://chimelmobile.net/kaoruyoshida/
Instagram: @kaoryosh


林青那「CARTA / FOTO」



このたび、dessinでは第4回目となる林青那の個展を開催いたします。前回に引き続き、今回もdessinと東塔堂の2会場を使用し、それぞれ異なった作品が展開されます。dessinの「CARTA」では、カードサイズの小さな作品を、東塔堂の「FOTO」では更紙と墨を用いた新作のモノタイプ作品をご覧いただけます。

サイズや技法の違いのみならず、一本の線でさえ自己更新し続ける林青那の現在を、ぜひ2つの会場にてご覧ください。





林青那「CARTA」
会場:dessin | デッサン
会期:2020年2月7日(金)→ 2月24日(月・祝)
時間:12:00 - 20:00(火曜定休)
入場:無料

林青那「FOTO」
会場:東塔堂 | Totodo
会期:2020年2月7日(金)→ 2月24日(月・祝)
時間:12:00 - 20:00(日曜定休)
入場:無料





プロフィール
林 青那 Aona Hayashi
イラストレーター/画家
桑沢デザイン研究所卒業/東京都在住
2014 HB FILE COMPETITION vol.24 大賞(鈴木成一賞)
http://www.aonahayashi.com









原芳市 写真展「東北残像」



福島, 岩手, 青森, 内陸は雫石あたりまで列車を乗り継ぎ, 歩き回って撮影を続けた。

自分に才能があるのかを疑ってかかった。しかし, 写真家になるという覚悟だけは失わなかった。その覚悟は偽りのないものだった。
(原芳市)




この度, 東塔堂にて写真家 原芳市の写真展「東方残像」を開催致します。「東方残像」は1972年の冬に撮影された95本のフィルムから選び出された作品群です。これらは, 1973年に原芳市最初の個展として発表されました。本展は, 写真集『東北残像』(でる舎, 2019)の出版を記念して, ヴィンテージプリントを再構成し, 展示致します。



会場:東塔堂 | Totodo
会期:2019年12月2日[月]→ 12月21日[土]1月18日[土] まで延期
時間:12:00-20:00[日曜休み]
協力:加藤勝也
入場:無料



原 芳市

1948年,東京生まれ。
千代田デザイン写真専門学院中退
現在,写真家。
http://yoshiichihara.com

展覧

1973 「東北残像」(銀座キヤノンサロン)
1980 「ストリッパー図鑑」(銀座・大阪ニコン)
1981 「幟の遠景」(三人展・新宿ニコンサロン)
1983 「淑女録」(新宿ミノルタスペース)
1986 「曼陀羅図鑑」(新宿・大阪ニコンサロン)
1987 「曼陀羅図鑑 II」(ギャラリー・K|福島)
1993 「エロスの刻印」(銀座・大阪ニコンサロン)
2002 「現の闇」(銀座ニコンサロン)
2008 「現の闇 II」(ギャラリー蒼穹舎|新宿)
2009 「幻の街」(三人展・サード・ディストリクト・G|新宿)
「幻の刻」(ギャラリー蒼穹舎|新宿)
「常世の虫 I」(サード・ディストリクト・G|新宿)
2010 「光あるうちに I」(サード・ディストリクト・G|新宿)
2011 「光あるうちにⅡ」(東塔堂)渋谷
「光あるうちにⅢ」(バン・フォト・G|名古屋)
2012 「光あるうちに」(銀座ニコン・サロン)
「hy」(プレイスM|新宿)
「常世の虫 II」(サード・ディストリクト・G|新宿)
2013 「常世の虫」(銀座ニコンサロン)
「天使見た街」(プレイスM|新宿)
「ストリッパー図鑑」(汐花|根津)
2014 「光あるうちに」(POETIC SCAPE|中目黒)
「神々の系譜・序章」(ギャラリー蒼穹舎|新宿)
2015 「淑女録」(POETIC SCAPE|中目黒)
「STRIPPER ZUKAN」(LE Plac’art Photo|Paris)
2017 「エロスの刻印」(POETIC SCAPE|中目黒)

著書

1978 『風媒花』(でる舎・私家版)
1980 『ぼくのジプシー・ローズ』(晩聲社)
1982 『ストリッパー図鑑』(でる舎・私家版)
1984 『淑女録』(晩聲社)
1988 『曼陀羅図鑑』(晩聲社)
1994 『ストリッパーズ名鑑』(風雅書房)
1995 『影山莉菜伝説』(青人社)
1999 『ストリップのある街』(自由国民社)
2000 『ザ・ストリッパー』(全三巻・双葉社)
2008 『現の闇』(蒼穹舎)
2010 『昭和ストリップ紀行』 共著 (ポット出版)
2011 『光あるうちに』(蒼穹舎)
2013 『常世の虫』(蒼穹舎)
『天使見た街』(プレイスM)
2017 『エロスの刻印』(でる舎)

受賞

1980 第17回準太陽賞
2012 第24回 「写真の会」賞
2015 日本写真協会 作家賞




羽原肅郎 展 「色 color の形 form と季節 season」




2020年版のカレンダーは色と形で季節を表す新しい試みです.
会場では新作の手札サイズの愛らしい水彩画のシリーズ「四角形への詩!」を展示販売いたします.

また、羽原肅郎が敬愛するアーティストに捧げた transparent box を先着順でご用意しております.


会場:東塔堂 | Totodo
会期:2019年11月1日[金]→ 11月23日[土]
時間:12:00-20:00[日曜休み]
協力:加藤勝也
入場:無料



羽原肅郎
1935年, 広島県に生まれる.
桑沢デザイン研究所リビング・デザイン科研究クラス卒業.
建築写真家:二川幸夫に師事.
美術出版社・月刊『デザイン』誌編集責任者, 東京造形大学助教授, 二玄社出版部部長として『CG』誌等の編集に参加.
鹿島出版会『SD』誌デザインエディター, JIDA事務局長を歴任.
明星大学 造形芸術学部 造形芸術科 教授.
武蔵野美術大学, 筑波大学, 東京YMCAデザイン研究所, 多摩美術大学等の非常勤講師を務めた.
著書に『構造の芸術』『本へ!』等がある.
『世界デザイン史』等にも執筆.
コンクリート・ポエトリーの制作も行っている.



Johanna Tagada - Tamil Diary



この度、東塔堂にて、フランス出身のアーティスト、Johanna Tagada(ジョアンナ・タガダ)の個展 「Tamil Diary」を開催いたします。本展は同じくジョアンナ・タガダが主宰するPoetic Pastelのグループ展 「Tea Today」(Nidi Gallery, 2019.8.30→9.13)に合わせて開催されるものです。 本展に展示される作品は、 旅のように日常の生活の一部として続いていく創作活動の中で生み出された、多様な作品群(絵画、写真、映画...etc.)から選び出されたものです。中でも、2017~2019年の間に、彼女が南インドのTamil Nadu(タミル・ナドゥ)に滞在した期間の作品にフォーカスしています。

「Tamil Diary」は写真や短編映画「Necklaces of Flowers (2017 - 現在)」を通して、 花とタミル・ナドゥで暮らす女性達の集団的/文化的関係を読みほどき、その様子を伝えます。トリン・T・ミンハの作品を通して、タガダは絶えず進化する伝統とこの女性達が非常に密接な関係であることに気がつきました。花に意味を持たせることは、南インドに欠かせない豊かな文化の一部です。何世紀にもわたり、花は地元の女性達の日常において、宗教や精神的なものとして、薬や料理の一部として、時に社会的、商業的なものとして、重要な役割をはたしてきました。ジャスミン、ローズ、マリーゴールド、ハイビスカスやヴァイオレットは通りで売られ、個人の趣味趣向や、愛や幸福、繁栄、幸運のシンボルとして彼女達の髪に飾りつけられてい ます。

植物の問題も、水と繊維から成るシリーズ作品「To End is to Start」の中で見ることができます。1968年に設立された、実験的であり多様な建築様式で知られている街オーロヴィルで、タガダは考えを深め、手漉きで紙を作りました。サステナブルで無理のない暮らしを志向したディープエコロジー運動に深い関心を持っている彼女の作品は、地元のテキスタイル工場から出る端切れを利用し、そのほとんどが有機由来のものです。この事なくして、この大きなテキスタイルの作品はあり得ません。

テキスタイルとオイルぺインティングは彼女の直近のタミル・ナドゥ滞在時に制作され、それらは本展の軸となる作品となりました。東塔堂でのこの最初の個展は、 彼女の実践とプロジェクトの中心テーマである日常生活に対するジョアンナ・タガダの好奇心が反映されています。

そして、「Tamil Diary」は彼女の2冊目の書籍『Do Insects Play? 』(Chose Commune)の出版記念も兼ねています。会場では収録作品の一部を展示販売いたします。



Opening event
2019年8月31日(土) 16:00-18:00
Poetic Pastelのジョアンナ・タガダとChose Communeの共同ディレクターであるCecile Poimboeuf-Koizumi がインドのオーガニックティーをご来場のみなさまに振舞います。参加無料。ぜひ、この機会にお越しください。



Johanna Tagada - Tamil Diary
会場: 東塔堂 | Totodo (東京都渋谷区鶯谷町5-7-1F)
会期: 2019年8月31日 [土]→ 9月28日 [土]
時間: 12:00 - 20:00 [日曜定休]
入場: 無料


Poetic Pastel Group Show - Tea Today
会場: Nidi Gallery (東京都渋谷区東2-27-14 ペガサスマンション恵比寿 102)
会期: 2019年8月30日 [金]→ 9月13日 [金]
時間: 13:00 - 20:00 [水曜定休]
入場: 無料




About the artist
Johanna Tagada(ジョアンナ・タガダ)
1990年、フランス生まれ、ロンドン在住。ペインティング、ドロー イング、インスタレーション、彫刻、映画、写真、やわらく繊細でエコロジカルなメッセージが含まれたテ クスト、など様々なメディアを用いるアーティスト。グループ展多数。個展としては「Epistolaire Imaginaire - Merci 」(Galerie Jean-Francois Kaiser, 2017)、「Take Care ‒ きをつけて」(Nidi Gallery, 2018)。 2014年に、ポジティブな共同プロジェクトPoetic Pastelを設立。2018年に出版プロジェクト 「Journal du The - Contemporary Tea Culture」始動。2018年には最初の作品集『Daily Practice』 (InOtherWords)が出版されている。

https://www.johannatagada.net




Johanna Tagada - Tamil Diary

Saturday August 31st - Saturday September 28th 2019

On invitation of and curated by Yuki Owada, Totodo presents Tamil Diary, a solo exhibition of artworks by French born artist Johanna Tagada. Unfolding itself as a journey, the exhibition presents a selection of artworks in the multiplicity of mediums composing Tagada’s artistic practice. The pieces on view have been created during Tagada’s extensive stays in Tamil Nadu, South India in 2017, 2018 and 2019.

Tamil Diary unravels with photographs and a short film from the evocative cycle Necklaces of Flowers (2017 - present), one documenting collective and cultural relationships of women residing in Tamil Nadu with flora. In retrospect and in the continuity of the work of Trinh T Minh Ha, Tagada does not intend to speak about or for, but near by these women and their continuously evolving traditions.
The language of flowers forms in itself an integral part of South India’s rich culture. For centuries, flowers have played an important role in the quotidian of local women, be it for religious, spiritual, medicinal, culinary, social or commercial purposes. Each bloom, including jasmine, rose, marigold, hibiscus and violet is sold in the street, and worn in simple yet intricate hairstyles for its personal quality and symbolic, among which love, happiness, prosperity and luck.

The matter of plant and the vegetal also finds themselves in To End is to Start, a series of works composed of fibres and water. In Auroville, an experimental township founded in 1968 also known for its diverse architecture, the artist deepened her knowledge and practice of hand papermaking. Embedded in her interest for the Deep Ecology movement, inclination towards sustainable and cruelty free living, these pieces have been composed by making use of leftovers of textiles from local factories, and are for most of organic sources. This is not without recalling the artist’s large textile installation pieces.
Textiles and oil paintings on papers created on the occasion of the artist most recent stay are presented along these two bodies of works. This first exhibition at Totodo mirrors Johanna Tagada’s inquisitiveness towards daily life, a theme central to her practice and projects.

Tamil Diary is equally a celebration of Tagada’ second book titled Do Insects Play? published by Chose Commune, as the exhibition present itself as an occasion to view and acquire selected works on papers including in the publication.



Opening event
Exhibition opening and book launch Saturday August 31st 2019, with the support of Poetic Pastel. Organic Indian Tulsi Tea will be offered to all. Johanna Tagada and Chose Commune’s co-director C??cile Poimboeuf-Koizumi will be present on the occasion.




About the artist
Johanna Tagada (b 1990, Strasbourg, France) is a painter and interdisciplinary artist working based in London. Her practice composed of painting, drawing, installation, sculpture, film, photography and writing often conceals ecological messages, rendered in soft and delicate methods. In several of the artist’s projects interaction with the environment and others plays a central role. Solo exhibitions include ??pistolaire Imaginaire – Merci at Galerie Jean-Francois Kaiser, and Take Care – き を つけて at Nidi Gallery. In 2014, Johanna founded the positive and collaborative cultural project Poetic Pastel. In 2018, Johanna cofounded the publication series Journal du Th?? – Contemporary Tea Culture. The artist first monograph Daily Practice was published by London based Imprint InOtherWords.

https://www.johannatagada.net



Design: Katsuya Kato

ササキエイコ個展「再生/調整」



[再生]
組み立てられた空白のなか
瞬きをするたびに新しい光がうまれて
たとえ境界線を見失ったとしても

[調整]
分解と接続、配置されたリズム
輪郭線をなぞりながら
眼差しの軸を立てる

-

この度、東塔堂/dessinの二つの会場にてササキエイコの個展を開催いたします。 恩田陸著『EPITAPH東京』装画や、文芸誌『小説TRIPPER』挿画などで知られるコラージュを交えた手法で製作された作品は、 フラットな印刷物とは違い、その表面は重層的に紙片が重なりあっている。 細部では紙片の僅かな落差が目を惹き、全体としてはその細部が緩やかな速度で視る者の印象に影響を与えている。

本展ではパネルを用いた新作を展示いたします。 作品の新しい展開を、ぜひ会場にてご覧ください。

-

「再生」
会場:dessin | デッサン
会期:2019年7月19日(金)→ 8月4日(日)
時間:12:00 - 20:00(火曜定休)
入場:無料

「調整」
会場:東塔堂 | Totodo
会期:2019年7月20日(土)→ 8月3日(土)
時間:12:00 - 20:00(日曜定休)
入場:無料

-

ササキエイコ Eiko Sasaki
アクリル絵の具によるペインティング+コラージュの手法でビジュアルを制作。 「HB Gallery File Competition Vol.24」永井裕明賞。
主な仕事に『濱地健三郎の霊なる事件簿』(有栖川有栖 著、角川書店)装画、「なんにもいらない」(冬にわかれて、P-VINE)CDジャケットのアートワークなど。








ページトップへ