カートをみる マイ アカウント 送料・お支払い方法 お問い合わせ / CONTACT サイト マップ

佐藤拓真「(Post)Archetype」



“写真が最も「再現できない」のは被写体のスケール感である。ぼくたちが写真で見知っていた場所を訪れたとき、「想像と違った」と感じることはしばしばある。ここで重要なのは、写真からは正確なスケールを想像できないということではなく、正確に想像することができないにもかかわらず、人がそれを想像してしまうということだ。[…]
ノンスケールは決して「スケールを欠いた」ものではない。不断に大小する可塑的な「スケール感」そのものなのである。それは観念的な「物質」である。”(原田裕規「物質としてスケール感を扱う方法」、2018年)

“見ることが主題であるこの一連の作品群は、石の浮遊感を演出することで、写真表現のカタルシス「決定的瞬間」をあざ笑う。[…]この土俵では、様々な綱引きが勝敗のつかない「交換、横滑り」というかたちで行われている。まるでハーフパイプに似た土俵。それは長期プロジェクトのひとつの結実した形として、多義的にバージョンを変えて順次リリースされる。”(Gottingham「ハーフパイプ──あるバージョンとしてのWYSASSS」、2018年)

美術家・佐藤拓真によるインスタレーション「(Post)Archetype」を開催します。

本展は、「WYSASSS ── curated by Gottingham」(CAGE GALLERY、2018年)で制作されたライトボックス作品《WYSASSS scale #4》と、ジェネリックプロダクトのチェアによって構成されるインスタレーションです。

原始の建築を示す扉絵を反復したかのような「(Post)Archetype」の構造は、第三者の解釈、コンテクストの作用によって複製され続け、いつしかコピーがオリジナルになるような、事後的な原型をモデル化するためのシミュレーションと言えるでしょう。

また、本展に合わせ、美術家・原田裕規と写真家・Gottinghamによるレビューを新たに掲載しアップデートされた作品集『WYSASSS』(DOOKS、2,300円+税)を発表します。出版元DOOKS のポップアップも同時開催。



会場:東塔堂 | Totodo
会期:2018年6月1日[金]→ 6月23日[土]
時間:12:00−20:00 [日曜休み]



佐藤拓真 Takuma Sato
宮城県生まれ。

主な展覧会
2018年「WYSASSS ──curated by Gottingham」 (CAGE GALLERY、東京、2018、第10回恵比寿映像祭地域連携プログラム)
2017年「WYSASSS」(circle&gallery、東京、2017)

WEB: satotakuma.com








ご案内

ページトップへ