カートをみる マイ アカウント 送料・お支払い方法 お問い合わせ / CONTACT サイト マップ

RONDADE / contents





RONDADE / contents
冨井大裕:関係する | interact / photo session


RONDADEの出版物、4点の展示販売。そのほか、2018年1月に(PLACE) by methodにて開催された「冨井大裕:関係する | interact」を写真家伊丹豪が撮影し、写し出された作品を改めて本会場にて再構成いたします。



会場:東塔堂 | Totodo
会期:2018年3月6日[月]→4月14日[土] 5月5日[土]まで延期となりました
時間:12:00-20:00[日曜休み]
入場:無料







Go Itami : photocopy 8,000+tax
number of pages : 132
number of pictures : 68
type of printing : offset
format: hardcover
book band : five types
size: 265 x 370 mm
edition : 1000
design : shin akiyama + atushi kurosaki / edition.nord
本の構成を考える中で写真を見る順番やページの構成から生まれるストーリー性をなるべく作家の意図の範疇を超えていくとは。 イメージの束の中のただの一枚であるという意識を強めるための本とはどのようなものだろう。 今回、一冊一冊写真のすべての順番を変えることを選択しました( どれ一つ同じ写真の構成をしないというルールになり全てが表紙を覗いて違う本になるとうこと)。 これはつまり一冊ごとの写真の構成がバラバラになり全てのコピー され提示される本のイメージが見る側に与える印象が変化する可能性が生まれる。 通常の写真集のようにデザインによって誘導される感触や作家の見いだす意図をなるべく放棄する事で生まれ、可視化される可能性に賭けてみたのです。 この本のために選ばれた写真が、見る側に届く際に制作側の意図をはるかに超えるかもしれないと考えたからです。 一枚の写真の中に押し込められたイメージが作家の提示したいこと のすべててあり、結果、目の前に積み上げられたイメージの束にすぎないということを本と いう構造を使って見出だすこと自体が、作家伊丹豪の写真を写す態度と共鳴してると私たちは考えました。 丹念に一枚一枚見るという行為を単純にした結果出来上がった束が 、photocopyという写真集です。




冨井大裕:関係する┃Interact 6,500+tax
number of pages : 108
type of printing: offset / photocopy
format : polypropylene file(ring type)
size : 210 x 297 mm
edition : 300
作品集「関係する | Interact」は、冨井の初期から2016年までの作品の中より、作られた場所や時間、コンセプトとの関係ではなく、各作品そのものの有り様から新たな関係性を見出し、配置し置き換えることで別の文脈を提示する試みです。 作品集では、作品が形や色だけで捉え直され、ページ上に配置されながら緩やかなつながりが見出されています。見る側がページをめくるごとに、作品を通して作家自身が捉えようとしている感覚的な部分が立ちあがっていきます。作家の態度や考えをビジュアルのみで捉えることにより、作品集は見る側に展示会場を歩きながら思考を巡らせるような体験を促すでしょう。 また、この作品集は誰もが一度は目にし、手に取ったことがあるかもしれない無印良品のバインダーでページを綴じています。 既製品を使うことで知られる冨井作品のイメージを既製品に閉じ込めることで、「美術作品とは?本のあり方とは?物と作品の違いとは?」ということをも含むラディカルな視点を含んでいます。 関係性を改めて問い直すことで新たに関係性を作り出し、冨井の作品を構築する上での問いとリンクしながら新たな問いを提示しています。




Buck Akiyama : Composition No.1–10 and the derivatives, 2001–2016 6,500+tax
number of pages : 830
type of printing : photocopy
format : soft cover / acrylic bookmark ×7 / postcard / flyer
text : koichi munakata, koki tanaka, rei yamabe,kami yanagisawa,toru horiguchi
translation : yuki okumura with linda dennis
size : 182×257 mm
second edition : 100
design : shin akiyama / edition.nord
「コンポジション」シリーズとは、2001年に秋山伸として参加した建築展「東北大学建築学科50周年記念展覧会」で委託されたインスタレーション「Arrangement: Gallery 4200, Sendai Mediatheque」(2008年に「コンポジション 1番:せんだいメディアテークの備品による」に改題)から始まった。 建築展という文脈と開催施設が竣工間もない話題の公共施設であるという文脈から、インスタレーションは所与の空間に対する生活者の自由についての実験として構想された。 「コンポジション」における秋山の日用品の扱い方の特徴は、それを画材や素材に代わる材料として扱うのではなく、個々のものを唯一の独立した存在として扱うところであろう。生きられた場にあるものは、売られているものとは異なり、必ず何らかの社会的な意味や歴史を纏っている。その生きられたものを、廃品を扱うように無個性な素材へと解体したり、ただ質量を生み出すだけの群へと抽象化することなく、秋山はものそれぞれの固有性を尊重し、それらの存在の間に関係をひとつひとつ付与していくのである。




Go Itami : this year’s model 8,500+tax


ご案内

ページトップへ